代表ご挨拶

私が昭和56年6月に商いを始めたころは、まだまだアナログの時代でした。それからの技術革新はすさまじく、オフィス環境を支える技術もまた大きく変化を続けてきました。
時代に柔軟に対応しながら、地道に踏ん張りながらの一歩一歩。お客さまはじめ取引先に恵まれ、社員の協力があり「苦しい時はじっと我慢、楽しい時にはじわっと感謝、おかげさま」の気持ちで歩んできました。

オフィスの形や働き方が変わっても、私たちの「企業とそこで働く人を支えたい」という気持ちは決して変わることはありません。インターネットが当たり前の今だからこそ、私たちは「顔の見える商い」にこだわり、人の力と質の高い提案でお客さまと社会のお役に立ちたい―。強い思いで白樺事務機株式会社ならではの道を切り拓き、より良いオフィス・よりよい社会へとチャレンジを続けていきます。

時代の流れは変化し続けますが、会社理念の「和・実・心」を基本に未来を見据え、お客さま・仕入れ先・自社の「三位一体」を大切にしながら、これからも社会に貢献してまいります。

代表取締役村上 義徳
会社概要
社名白樺事務機株式会社
代表取締役村上 義徳
所在地〒381-0033 
長野県長野市南高田2-7-8
資本金1,000万
設立1981年(昭和56年)6月月
取引銀行八十二銀行南長池支店 
長野信用金庫長池支店 
長野県信用組合高田支店
事業紹介
白樺事務機株式会社は、お客さまの経営課題を深く理解した上で、オフィスに最適なトータルソリューションをご提案します。

「営業」「サービス」「業務」の3部門が密に連携しながら、オフィス環境や業務の改善・改革を着実に実行することで、課題の解決はもちろんお客さまの企業価値向上を継続的に支えます。

わたしたちの強み
01
Support

当社は、リコージャパンの販売代理店として、複合機をはじめとするOA機器等の提案から導入、サポート・メンテナンスまでワンストップでご提供します。サポート・メンテナンスを自社で提供できるのは、県内でも限られた数社だけ。地域密着でお客さまの業務課題や機器の使用状況などを社内連携で把握していますので、確かな技術とスピードでお客さまのご要望にいち早くお応えします。
白樺事務機はリコージャパンが認めるSPM(サービスプロセスマネジメント)で、Aランクの認定を受けています。

02
Total Solution
複合機、OA機器、IT機器やソフトウェアだけでなく、オフィス家具、事務用品から業務改善・生産効率向上の仕組みやノウハウまで、オフィスのことは全てお任せください。私たちは、オフィスの見える部分からその奥の仕組みの部分までを社内の複数の目で深く見つめ、お客さまの真の課題を見つけ出します。そして、一つ一つのオフィスに合った形で着実に改善・改革を実行することで、働く人と企業がもっと輝ける環境づくりをお手伝いします。
03
Best Partner
白樺事務機には、社内文化として「次工程はお客さま」の精神が浸透しています。お客さまを想い、まっすぐに向き合うことを大切に、いつでもお客さまの良き相談相手となれるよう自社の組織や仕組みも日々改善しながら地道に提案力・技術力を磨き続けています。そして、一つ一つの仕事をお客さまの「快適」や「笑顔」につなげます。

 

沿革
1981年6月長野市居町1789にて白樺事務機(株)設立
1981年6月リコー特約代理店として認可
1986年7月長野市南高田2-7-8に社屋新築・移転
1997年リコー全国トップOAディーラーに認定
2001年10月業務拡大の為社屋を増築
2004年3月須坂市小河原2-23にて有限会社エム・エースを設立
須坂・上高井地区の営業 リコー代理店とする
2009年9月通販事業を開始
2011年6月創立30周年を迎える
2019年1月古物商許可証取得
2020年6月創立40周年を迎える
2020年10月 長野県SDGs推進企業登録
白樺事務機株式会社
SDGs
白樺事務機株式会社は、
SDGsを事業活動につなげることで、
社会的な課題解決に取り組み、
持続可能な社会の実現を目指します。
ー SDGsとは ー
sustainable Development goals

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことで、2015年9月に150を超える国連加盟国によって採択された世界共通の目標です。貧困の根絶、経済成長と働きがいの両立、環境保護など経済・社会・環境の全てを視野に、持続可能なより良い社会を目指すもので、17の目標と169のターゲットで構成されています。世界中の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを原則に、2030年までの達成を目指し世界各国が取り組んでいます。

白樺事務機株式会社ではSDGsをきっかけに、身近なことから世界的なことまで問題を広く捉えながら、
今できること、これからできることを真摯に考え、取り組んでいきます。
【白樺事務機株式会社の取り組み事例】
複合機販売1台につき
マングローブ1本の植樹活動
年15本の植樹で、
2030年の累計本数550本を目指します。
気候変動に具体的な対策を
海の豊かさを知ろう
陸の豊かさも守ろう
環境にやさしい「森林認証紙」を
積極的に提案
違法伐採や森林の劣化を防止し、適切に管理された森林の木材を原材料とする森林認証紙をご提案しています。
つくる責任つかう責任
陸の豊かさも守ろう
社員参加型の
社会貢献活動の推進
社員の家庭で余った食品を年1回「フードドライブ」へ。「もったいない」を「ありがとう」につなげます。
飢餓をゼロに
パートナーシップで目標を達成しよう
オフィスの省エネを推進し
CO2削減に貢献
消費電力量の少ないエアコンの導入、照明を蛍光灯からLEDに取り換えるなど2030年までに社内の省エネ化を進めていきます。
エネルギーをみんなにそしてクリーンに
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
当社はSDGsの内容を理解し、また持続可能な未来開発目標の達成のため、事業の推進を行なってまいります。

1.SDGs達成に向けた宣言書
2.SDGs達成に向けた具体的な取組

長野県SDGs推進企業登録制度は、経済団体、金融機関、大学等支援機関と連携し「環境」、「社会」、「経済」の3側面を踏まえ、企業等が経営戦略としてSDGsを活用することを支援する制度です。

詳しくはこちらhttps://www.pref.nagano.lg.jp/sansei/tourokuseido.html

アクセス
自動車の場合
長野駅から県道58号線で3.5km 
※駐車場あり
公共交通機関の場合
長野駅から緑ヶ丘小学校口で下車し
徒歩6分